ミルクを飲むのが下手なウチの猫

猫ダイアリー

まず見て!↓↓↓

ミルクを飲むノルウェージャンのノル

そう!

「ミルクを飲むのが下手すぎる猫」の動画を見た事がある人は知ってるよね⁉︎

たまにおやつとして

乳糖ゼロ(お腹を壊しにくいらしい)の

ドギーマンのねこちゃんの国産牛乳

をあげるのですが

うちのノルウェージャンフォレストキャットのノルくんも、まさにそのミルクを飲むのが下手な猫なんです

ミルクだけじゃなく、水もよく飲むのですが

時間だけがかかってほぼ飲めてないんです

黒猫のジジは飛ばすことなどなく効率良く

短時間で上手に飲みます

最初はノルの舌が長過ぎるからなのだと考えました

測ってないですが実際長いと思います

(どうやって測ればいいんだろう?)

でも実は舌の使い方に違いがありました

猫は舌先を逆スプーンのように後ろ向きに丸めて水面につけ、素早く舌を引っ込めることにより、表面張力で水柱を作って、それを口に入れて飲むと言われています

黒猫のジジもこれに近いです

ジジは舌を真っ直ぐ下ろし、真っ直ぐを引き上げ、水柱を作り飲んでました

上手に撮れなかったんですが一応↓

水を飲む黒猫のジジ

ちなみに犬はネコと同じ様に、後巻きに水面に舌を下ろし、さらに深く水中へ入れ、オタマのように水をスクい、いっきに口の中へ水を運ぶようです

ノルの場合は

写真を見たら分かるように真逆でした

ミルクを飲むノルウェージャンのノル

舌に注目して下さい

下からスプーンのようにミルクをすくい

前へ丸めて飲んでいます

人間の舐め方と一緒でした

さらに舐める勢いが強く、高速なので

これでは前へ飛びまくりです

ミルクを飲み終えたノルさん

顔にも沢山ミルクが付いています

豪快に飛ばしているノルくんの動画

床に飛び散ったミルクを

いつも綺麗にしてくれるのは

黒猫のジジの役目です

何故かお皿の中のミルクより

床のミルクを先に飲みます

ノルが飛ばしたミルクをキレイにするジジ

ミルクを飲む時は必ず、水浸しならぬ

ミルク浸しになるので、我が家ではカーペットが無くて、拭き掃除がしやすい場所であげます

タイトルとURLをコピーしました