ノルウェージャンフォレストキャットのサマーカット2020

猫ダイアリー

ぽかぽか日和の今日この頃

ノルウェージャンフォレストキャットの

ノルは早くもノビ出しました

気温は20度超え、撫ぜると湿っぽく

まあまあなオイリー感

そろそろサマーカットをしなければ

いけないかなーと思っていたある日

ウェッウエッ…と

ノルの体が波打ち始めました

はッ!

これは…は、吐く⁉︎

何か受け皿をと、とっさに近くにあった

爪とぎを差し出しました

すると、今だかつて無いほどの

大きな毛玉を吐きました

ちゃんと差し出した爪とぎの上に

してくれるなんて、いい子^ ^

実際の写真↓

吐いた毛玉の写真(ちょっと汚いので興味のある方だけどうぞ。)

3年間飼ってきて、

今までで4、5回くらいしか吐いたことが

無かったノルウェージャンのノルですが

さすがに3歳にもなると立派な毛玉を

吐くようになるんですかね~

猫はグルーミングをすることで

胃の中にたまった毛玉をよく吐く

生き物だといわれているけれど

こんなにも大きな毛玉を嘔吐するところを

見てしまったら心配になりました

きっと相当苦しかったよね

あまり吐くのも負担になると

聞いたことがあるので

次の休みの日に毛を剃ることにしました

可哀想と思われる方もいるけれど

個人的にはサマーカットは推奨派です

メリットいっぱい◎

・暑くない

(暑さであまり動かなくなっていた長毛種のノルはサマーカットする事で動く量が3倍ほど増えます)

・毛繕いしやすいし、毛玉もできづらい

・皮膚病の予防にもなる

・シャンプーがしやすい

・すぐ乾くのでドライヤーを嫌う猫の負担が少ない

・毛が無いので掃除が楽

・ブラッシング&ファーミネーターをサボれる

・サマーカットされた猫を見るのはいつもと違った感じで可愛い♡

デメリットは?

・寒い日は寒い(笑)

・刈って1、2日は違和感があるのか少し落ち着かない

(でもすぐに慣れて快適な顔をしている)

・何度も切ると毛に硬さがでてくるといわれている

(でも硬くなってないんじゃないかな??)

デメリットはほとんどないんじゃないかな??

さぁー

今年もサマーカットいってみましょう!

愛用のペット用バリカンでやっちゃいます↓

無敵のアイテム いなば ちゃおちゅーる の力を借りながら

二人がかりで刈っていきます

刈った毛の一部 ひつじか!

今年はまぁまぁいい感じに

仕上がったのではないでしょうか

サッパリしました

ひと夏に3、4回は刈るので

だいぶスピーディーに慣れてきました

ノルの場合、刈る時のポイントとして

首元の毛がかなり多めなので

首元までしっかり刈りアゲます

(夏にマフラー巻いているようなものなので)

そして、家のノルはしっぽの付け根をよく毛繕い&

ガシガシ噛んでいるので (痒いのかな?)

しっぽの付け根から5、6センチほど

剃ってしまいます

しっぽは胴体より細い分

冷えてしまうので全部は剃りません

白い毛のエプロンの部分は

剃ってしまうと生えてくるまでに

他の部分より何故か時間がかかるので

先だけを整える感じで残します

お腹の部分も冷えるので残します

見落としがちな肉球の部分も走ってて

滑ってしまうのでできるだけ剃ります

ここまではノルの話ですが

全猫に当てはまる

手足の部分について

剃らない方がイイと思います

それは、伏せて寝る時に毛がないと

手足に体重が直にかかってしまい

負担になると思うからです

何故そう思うかというと

私がソファーで仰向けになっていると

猫が胸の上にやってきて

そのまま伏せて寝る事があります

(年にほんの数回だけですが)

その時にいつもより重く

いつも感じない猫の骨を感じました

これは猫自身も感じているのではないか?

なんだか手足がシビレルニャア…

なんだか床が堅いニャア… 

といった具合でしょうか?

なので手足の毛は剃らずにおいていた方が

いいと思います

2020春 ノルウェージャンフォレストキャットのサマーカット

今回は長毛種のノルウェージャンだけ

サマーカットしましたが

本格的な夏が来たら

短毛種の黒猫のジジもカットしちゃいます

それはまた次の機会に♪

タイトルとURLをコピーしました